Home > 未分類 > 大愚痴を叩く。

大愚痴を叩く。

何かを話す前に言い訳されるのは

好きじゃない。

以前、

「ごめんなさいね」と前置きしてから、

わたしが経験したことにからめて何かの話をされたことがあった。

何の話かはキレイサッパリ忘れてしまったけど、

前置きの「ごめんなさいね」は今でも覚えている。

その「ごめんなさいね」に、

そのひとがわたしの経験をどう思っているかが表れている。

「こんなことを言ったら軽蔑されるかもしれないけど」とか前置きされるのも嫌いだ。

軽蔑されるのを覚悟で言うのか、

軽蔑されるのがイヤなら言わないか、

どっちかにしてほしい。

軽蔑するかしないかを決めるのは

聞く側だ。

というか、

聞かされる側だ。

なんつーか、

もうちょっと

自分で自分の言葉を引き受けようよ

と思うのだ。

思いながら、

それをなかなか言えない。

「わたしはあなたみたいに強くないから」

「みんながみんな、あなたみたいに強いわけじゃない」

「たまたま自分ができるからって」

何回言われたか。

はいはいそうですかと開き直りながら

ちょっとは痛い思いをしてるねん、これでも。

大愚痴大会でした。

Home > 未分類 > 大愚痴を叩く。

Search
Feeds
Meta

Return to page top