Home > 未分類 > さらば、隣人。

さらば、隣人。

お隣のNさんが今月いっぱいで引っ越すそうだ。

たぶん70代のNさんは、現役ばりばりのヘルパーである。

朝早くから自転車に乗って出かける。

陽気で好奇心旺盛で、おしゃべり。

花の世話をするのが好きで、

小さな玄関先に所狭しと植木鉢を並べている。

わたしとNさんの間には微妙な距離感がある。

というか、わたしが一定の距離をおくようにしてきた。

わたしの仕事やら家庭事情やら何やら、

遠回しに訊いてきたり、不意打ちのストレートをかましてきたりしたけれど

あからさまに受け流しているうちに

「当たらずさわらず」という関係が確定した。

おみやげの交換やおすそわけをしつつ、

選挙のときは「また頼むわなー」と言われ、

(もちろん「は〜い」と答える)

仕事の行き帰りに鉢合わせすれば

「おかえりー」「ただいまー」と言い合う。

ときどき「いつも夜遅いねー」と言われる。

わたしにとっては、基本的につきあいやすいけれど

たまにめんどくさいお隣さんだった。

Nさんにとっては、

とっつきにくい隣人だっただろう。

今度の住まいはマンションで、

植木鉢は2つ3つしか持っていけないらしい。

今朝、玄関先で顔を合わせたとき、

Nさんが一番好きな花で、丹精こめて世話をしていたあじさいを一鉢、

「もらってくれる?」と手渡された。

いざとなるとさみしいな。

そう思ったら、

「遊びに来てなー!」と元気よくいわれた。

今までも遊びにいったことはないですけどね。

大阪のおばちゃんに感傷はいらんねん。

Home > 未分類 > さらば、隣人。

Search
Feeds
Meta

Return to page top