Home > 未分類 > 貧乏なわたしの貧乏くささ。

貧乏なわたしの貧乏くささ。

わたしは貧乏だけど、貧乏くさいのはイヤだ。

何を貧乏くさいと感じるのかは人それぞれだと思うが、

わたしの場合は、空のペットボトルや牛乳パックで

「小物」をつくったりするのは嫌いだ。

一時期、牛乳パックで紙漉もどきをやるのが流行り、

そうすることがまるで「エコ」な生活のように言われていた。

そういう空気も苦手だ。

なぜこんなことを書いているかというと、

お昼に食べたサンドイッチのパックがどうしても捨てられず、

つい洗ってしまったからだ。

今、マグカップの横に伏せてある。

フタが透明で、下の部分は赤いチェックで

わりとかわいいのよ。

サンドイッチを入れたぐらいで捨てるのは

どうしてもしのびなくてねぇ・・・。

よく見ると、お弁当のおかず入れにちょうどいいサイズじゃないのさ。

それでつい、洗っちまったってわけさ。

ところがねえ。

まだ家にこのパックが3つばかりあるんだよ。

いえね、家にはちゃんと弁当箱つうのがあってね、

それにまたおかずなんて、いくらわたしでもそう食べられるもんじゃないよ。

そんなわけで、パックばっかりたまっていくってわけさ。

ああ、貧乏くさい。

Home > 未分類 > 貧乏なわたしの貧乏くささ。

Search
Feeds
Meta

Return to page top