Home > Archives > 2011-01

2011-01

KinKi Kids コンサート

6年ぶり2度目のKinKi Kidsコンサート。

娘が小学校時代からファンで、

中学3年の冬に親子で初めて行った。

受験やら思春期やらでどよ〜んと重苦しい空気を

ちょっとでも和らげられたらとチケットを取った。

しかしグッズをいつ買うかで

入場前からケンカしたっけ。

あれから6年。

お互いおとなになりました(おいおい)。

帰りの電車では席を譲られる始末。

・・・そんな話はどうでもええねん。

KinKiですよ、KinKi。

いやー、アイドルはやっぱりアイドルだった!!!

全身銀色の衣裳で登場した瞬間、

ちょっと鳥肌が立ってしまった。

剛クンの体が全体的に丸いのは気になったけど、

歌ってる姿、会場に向けるまなざし、まんべんなく見渡しながら指先を軽く振る仕草・・・。

いやもう、なんてったってアイドルです(古)。

わたしたち親子は剛クン派だが、

光一クンの王子様っぷりもすごい。

ヒラヒラキラキラの衣裳の似合うこと。

MCはまったりとしたおっさんトークだけど、

音楽が始まった瞬間、

きっちりアイドルになってくれる。

いやー堪能しました。

6年前「おばさんばっかり」とつぶやいた娘は、

最初から最後まで声を出していっしょに歌っていた隣のおばさんの

口臭がつらくて、

入場前に買った剛クンのうちわでずっとあおいでいたそうな。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

自分を大事にするために何が必要なのか。

わたしも相当ガンコで偏屈だと自覚しているが、

こう見えても

「素直でいること」はけっこう意識している。

いろんな場面で

素直に人の話を聞けないことが

どれだけそのひと自身の世界を狭めているかを感じる。

去年の夏、

ある仕事で某著名人の講演を聴いていた。

講話のあとの相談コーナーで手を挙げたひとは、

みんな「わたしは、わたしは」と自己主張ばかり。

某著名人が諭しても

さらに「わたしが」と言い募る。

とても苦しんできたのだと思う。

でも、その言い募りようの元気なこと。

そんな元気があるなら、

さっさとそこを飛び出せばと思うが、

それはしない。

某著名人の諭す内容もどうかと思ったが、

発言するひとたちの自己主張にもうんざりした。

前にも書いたが、

40歳も過ぎれば

その人生は自分が選んできた結果だと思う。

身近にいるひとを口汚く罵るのは、

自分を罵っているのと同じだと思う。

自分を罵るのはからだに悪い。

わたしは自分のために

まわりを罵りたくない。

だから罵りたくなるようなひととはつきあわない。

そのうえで、ひとの話はとりあえず素直に受け止めたい。

そのほうがずっと世界は広がる。

・・・・・。

けっきょく、自分が大事という話ですね。

はい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

STUDIO 54 宝塚月組

1979年、ニューヨーク。

世界中のセレブリティが集まるディスコ、STUDIO54で、

孤児院で育ち、夢を語り合って別れた2人が再会する。

男は芸能人のゴシップを追うパパラッチとして。

女は傲慢なロックスターの恋人として。

霧矢大夢はさすがの貫禄と安定感だけど、

なんといっても性格最悪なロックスターZ-BOY役の明日海りおが

すごいオーラで目立っていた。

派手な衣裳にぜんぜん負けてない。

いやー、カッコいいわ。

プログラムで「ニュースター」と紹介されていたけど、

まさに「スター誕生」という感じ。

80年代のディスコナンバーも懐かしく、楽しい舞台だった。

観に行った日はちょうど千秋楽。

何度もカーテンコールがあって、

会場(シアター・ドラマシティ)とのかけあいも楽しかった。

明日海りおの「東京(14日から東京公演が始まる)で待ってるぜ」という台詞に

キャーと悲鳴があがっていた。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ささやかな抱負。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

元日から午前は仕事、

午後は1時間のウォーキングと健康的な生活。

今日は仕事場に初出勤。

(誰もいないけど)

年末に両親そろって

「どこか悪いんじゃないか」と心配されたほど

疲れた顔をしていたが、

だいぶ回復したような気がする。

今年は飲む回数を減らして、

学びの時間を増やそうと思う。

・・・ささやかな抱負やな。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2011-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top