Home > Archives > 2011-01

2011-01

何かとうまくいかない日。

昨日、詩を書いた

かなり気持ちが軽くなった。

やっぱり外へ出ることが大事やな。

仕事が滞っていたり、

ストレスがたまっていると

なかなかそんな気分になれないが、

思い切って外にでてみると

思いがけない出会いや心地よい刺激がある。

さーて、

気持ちを切り替えて原稿を書くぞーっと

元気よく仕事場に出てみたらば、

パソコンの調子が悪い。

うがーっ。

パソコンお助け人にSOSを発信して見てもらうと、

キーボードの電源が入っていないことがわかる。

電池を入れ替えた時に切れたままだったらしい。

つーか、電源の位置がややこしいわっ。

「でんげん」と大きな字で書いとけっつーの!

と、逆ギレ。

すでに午後2時ではないの。

それから始まる原稿書きという山登り。

なんとか半分まで登ったので

今日はここでテントを張ろう。

ぜいぜい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

詩を書きに。

胃が痛い。

あーもー。

くよくよ考える自分がいやだ。

いやならやめとけ。

ひとのために何かできるなんて思うな。

向いてないことに首突っ込むな。

わかっているのに

同じことをくりかえす。

あーやだね。

やだねったらやだね。

こういうときのために

日常に埋め込んでおく「お楽しみ」。

埋め込みすぎるとたいへんやけどね。

今から詩を書きに行く。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

月末迫る。

気がつけば・・・

月末が目の前に迫ってきていた。

ひょえー。

まずい。

非常にまずい。

今週から来週にかけて、

必死のパッチだ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

機嫌よく生きるのはタイヘンだ。

つまっていた仕事がようやく動き出した。

いい感じ。

この調子でスイスイいこうぜ。

・・・と、自分をおだてる。

そういえば去年の目標は

「機嫌よく生きる」だった。

前半はわりといい感じだったけど、

後半、とくに最後の3ヶ月は息切れしていた。

自分を機嫌よくさせておくのはなかなかむずかしい。

でもちょっと意識すれば、

できるようにはなってくる。

一番大事なのは、

いやなことはしない。

これに尽きる。

とはいっても、

めんどくさいからと回覧板を回さないのはダメだろう。

請求書を書かずに「さっさと原稿料を振り込め」というのも通用しない。

家賃を払いたくないなんてもってのほかだ。

あーー、

機嫌よく生きるってタイヘンだ。

寝よ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

『部落解放』2月号

特集「ルポ・部落の就労」に原稿を書きました。

「困難のなかで自分を保ちながら 熊本県の部落にみる就労状況」

取材では部落解放同盟熊本県連書記長の西川さんに

たいへんお世話になりました。

今日、無事に本が出たお礼の電話をすると、

「また熊本に来る時は寄ってください」と言ってくださったけど、

ほんまに寄ったらちょっと困ると思う(笑)。

熊本の人に「(お酒が)強い」と言われたのが

わたしの誇りです。

どんな誇りやねん。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

自己主張する扁桃腺。

昨日の午後から

なんとなく声がかすれてるなと思っていたら

だんだん喉が痛くなってきた。

夜中に痛みで目が覚める。

扁桃腺はわたしのウィークポイントだ。

時々、強烈に自己主張する。

初期にちゃんとなだめておかないと、

へそを曲げて大変なことになる。

しかたないから早めに店じまいして

おみやげを買って帰った。

トラネキサム酸配合のペラックT錠。

頼りになることは2年前に確かめてある。

これでおとなしくしてくれ。

おやすみなさい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

まずい。

賞味期限切れのヨーグルトはまったく問題なく、

元気に不健康な生活を送っている。

朝から晩までモニター前。

あんまり不健康なので、

一駅歩くことと、

しばらく肉類は食べないことに決めた(意味不明)。

といっても、

「今年は飲む回数を減らす」と書きつつ

すでにけっこう飲んでるからなー。

しかもなぜか強くなっている。

まずい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

仕事仕事。

朝は久しぶりの現場仕事。

ちょっと不安だったが、

1年半もやってれば体が覚えてる。

午後から仕事場に出ていろいろ。

小腹が空いて

冷蔵庫にあったヨーグルトを食べてから

何気なく賞味期限を見ると

12月25日となっていた・・・。

朝は3日前のわかさぎの天ぷらを食べたし。

わたしに明日はくるのだろうか。

原稿にお礼状に請求書。

さー、がんばろっと。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「PHPスペシャル」2月号

私のターニングポイントというコーナーで、

大阪・心斎橋に昨年オープンした「人生図書館」の館長、

田中希代子さんをインタビューしました。

人生図書館とは、有名無名を問わず、さまざまな人が1冊の本を選び、

その本との出会いや思いを書いたメッセージカードとともに寄贈された本で

なりたっている図書館です。

田中さんが人生図書館を開くまでのいきさつがとてもドラマチックで、

自分の感覚を信じることの大切さをつくづく思いました。

・・・というわけで、

みんな、もっと自分を信じていいと思う。

数日前に「人の話を聞く姿勢が大事だ」みたいなことを書いたけど、

忠告めいた言い方で自分の意見を押しつけようとしたり、

言ったとおりにしないと不機嫌になるようなひとの意見は、

聞かなくていいと思っている。

45年のささやかな人生のなかで、

それは他人をコントロールしたい人間のやり方だと学んだ。

周りの人間すべてが反対しても

自分が本当にやりたいことはやったほうがいい。

身近な人間であればあるほど

「反対」の中身は複雑で微妙なものだ。

そんなことを考えてる間に、

土日も仕事決定だ。

ていうか、ひとが働いている間に

遊んでるんだからしょーがない。

頭のなかでは「モーツァルト!」の音楽が止まらず。

キュートなヴォルフガング(モーツァルト)もよかったけど、

音楽もすっごいよかったなあああ。

特に「僕こそ音楽(ミュージック)」が好き。

近いうちにCDを買おう。

僕こそ音楽!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

モーツァルト!

ミュージカル「モーツァルト!」を観た@梅田芸術劇場。

ジーンズにスニーカーのモーツァルトに驚いたが、

これがまたカッコいいのだ。

全身で喜び、怒り、葛藤するモーツァルト。

自由を切望しながら才能に自縄自縛になるモーツァルト。

初めて観た井上芳雄、歌も芝居もすばらしい。

ちょっとクセのある顔だが、

物語が進むにつれてどんどん好きになっていく。

彼を引き立てるヴァルトシュテッテン男爵夫人を演じる涼風真世や

妻・コンスタンツェを演じるSPEEDの島袋寛子の歌もよかった。

幕が下りるころには

キュートな井上モーツァルトにすっかりやられちゃって、

わけのわからない涙がボロボロあふれてきた。

今まで観たミュージカルのなかで一番好きかも。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2011-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top