Home > Archives > 2010-07

2010-07

しゃべり過ぎたあとの落ち込み。

しゃべり過ぎたとき

ひとりになってから落ち込むのは

なぜだろう。

べらべら得意げに話している自分を想像すると

ガックリする。

静かにひとの話に耳を傾ける。

そんなひとになりたい。

はーーー。

帰ろ。

明日31日と1日は、和歌山での

子どものためのナショナルミニマム全国集会へ。

本、売ってます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

納涼!聖天湯まつり

銭湯を勝手に応援するプロジェクト「ふろいこか〜」。

8月1日に大阪は福島、下町のレトロ銭湯「聖天湯」さんでイベントをします。

前半は「ふろいこか〜ラジオ」の公開録音。

ラジオのテーマ曲をつくった、

東京在住のミュージシャン、金澤美也子さんが登場します。

後半は「どこへ行く!われらフロリアンの民」と銘打ち、

この1年の間に閉めてしまった銭湯をスライドで紹介し、

じりじりと減っていく銭湯のために何ができるかを

ざっくばらんに話し合います。

さらにメンバーが趣味と実益を兼ねて開拓した、

福島界隈の味わいある飲み屋さんの数々をご紹介します。

くわしくはこちらをどうぞ。

こじんまりした銭湯なので、人数に限りがあります。

必ず予約をお願いします〜。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

本日の夕食は。

うがーとうなりながらテープを起こしていた夕方、

娘からメール。

「今日は帰ってからごはん食べるから

たこ焼きでも買っといてー」

たこ焼きて。

たしかにちょくちょく買って帰るけどね。

わたしの料理にはまったく期待していない娘。

まあ、そう言わんとまかせなさい。

焼きそばでもつくるか。

(たこ焼きと変わらんがな)

ていうか、もう9時まわってるがな。

帰ろ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

しんぐるまざーの合宿。

週末は、しんぐまざあず・ふぉーらむ関西の合宿で京都・綾部へ。

おとなと子ども合わせて50名が1泊2日をいっしょに過ごす。

楽しいけれど、なかなかタイヘンでもある。

こう見えてわたしは、すぐにイラッとする。

「そう見えるけど?」と思ったあなた、

わたしって、よく「シャノウさんって穏やかですよね」と言われるんですよ。

へへっ。

裏表ありありです。

そういうわけで、いろいろ思うところもありつつ

それでも子どもたちを寝かしつけたあとの交流会で、

「子どもが楽しそうにしているのを見て、うれしかった」

「親子で楽しい時間を過ごせてうれしい」

という言葉をきくと、しみじみとよかったなあと思う。

わたしは今年初めてスタッフとして参加したけれど、

毎年こうして運営してきたんだなあ。

すごい。

尊敬する。

すばらしい。

・・・どの言葉もうまくフィットしない。

ただ、彼女たちと出会えて、

仲間として今年いっしょにやれたことがうれしい。

流しそうめん食べて(そうめんをせき止めてこぼして)

バーベキューして(炭火のコントロールに四苦八苦して)、

キャンプファイヤーの周りで歌って踊って(カラオケじゃないからすぐハミングになって)、

石窯でパンやピザを焼いて(わたしのアンパンマンは悲惨な顔で)。

帰りのバスはさすがにシーンとしていた。

楽しかったね。

来年、またね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

あー夏休み。

朝から公園に子どもたちの声が響いている。

夏休みやもんね。

にしても、元気やなあ。

なんで子どもって、あんなに元気なのかな。

いつも何かをさがしてるみたいな目をして。

毎年、虫かごにセミをびっちり詰め込んでいる男子を見かける。

あれは鳥肌ものだ。

「集めてどうする!」と言いたいが、

まだ言ったことはない。

「ほっとけや!」と逆ギレされて、

目の前であの虫かごを全開にされたら・・・・・

と想像するだけで死にそうだ(被害妄想)。

むかーし、

わたしも夏休みを満喫していたころは

ダンゴムシを集めたり

お菓子のかけらでアリをからかったり

とかげのシッポをスコップでちょん切って観察したり

ちょうちょをバラバラにしてどぶ川に流して

知らないおばさんに「かわいそうでしょ!」と叱られたものだった。

夏は遠くになりにけり。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Wordで線を引く。

梅雨明けとともに体調も回復。

しかし、いくつか参加しているメーリングリストに

投稿ができなくなっていることが判明した。

今日は午後からその解決にかかりきり。

パソコンのトラブルって、

ほんと消耗する。

でもって、未解決のまま。

やれやれ。

ところで、昨日は「ワードでチラシ作り」という講座を受けてきた。

ワープロ全盛時代は専業主婦で

育児サークルのニュースレターを編集・発行していたが、

パソコンを使い始めたのとライターになったのがほぼ同時期で

せっかくのパソコンも原稿を書いてメールのやりとりをするだけに終始してきた。

線の1本も引いたことがない。

今さらながら、さすがにいかがなものかと思うようになり、

受講することにしたのだが・・・

いやー、面白いけど

いざひとりでパソコンに向かうと

頭まっしろ。

えーと、線をまっすぐ引くには・・・・・。

先は果てしなく長い。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

そろそろ梅雨明け。

扁桃腺の腫れに加えて口内炎も発症で

気分は低空飛行中。

それでも仕事が形になってできあがってきたり

「読んだよ。おもしろかったよ」と言ってもらえたりすると

じんわりと元気がにじみ出てくる。

昨夜は近所でぼや騒ぎ。

お風呂に入ろうと脱ぎかけた服を着直して

外にでてみると、

隣のおばちゃんはパジャマで「どこ?どこ?」と言いながら出てきた。

そのままグングン現場に近づいていく。

まだ負けてるわ。←勝負する気かい

さあ、蚊取り線香とすいかを買って帰ろう。

そろそろ梅雨明け。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

『ふぇみん』7/15号

大阪ダルクのセンター長、倉田めばさんのインタビュー記事を書きました。

『ふぇみん』はずっと読む側でした。

定期購読を始めたのは昨年春からですが、

それまでは友人が読み終えたものをまとめて送ってくれていました。

その『ふぇみん』での初めての一面インタビュー。

編集部の反応がよく、ホッとしました。

初めての仕事って、ライターにとっては採用試験みたいなものですから。

何より、インタビューを快諾してくれた倉田めばさんに感謝です。

まだまだ「本当のこと」は知られていない、薬物依存をめぐるあれこれ。

この機会にぜひ知ってください。

『ふぇみん』の定期購読もよろしく〜〜。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

むかしから不器用だった。

もうひとつの職場で、

仕事をあげるのが早くなったと

何度かほめられた。

いくつになっても

ほめられるとうれしい。

ていうか、もう2年目やからね。

よく考えると「遅すぎ」なのだ。

こどもの頃からこうだったなーと思い出す。

何をするにも、ひとより時間がかかる。

教えられたことが1回で飲み込めない。

何回も何回もやって、

ようやく心と体に「すとん」と落ちる。

同じ仕事を何年も続けて、

それなりの年齢にもなれば、

うまくごまかしたり、開き直ったりする術だけは

一人前に身についてくる。

めいっぱいダメ出しされた原稿が戻ってくるということが

少しずつ減ってきて、

何か自分が成長したような気になっていたかもしれない。

もうひとつの仕事は、

自分の不器用さを思い出させてくれた。

悪くないな、と思う。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

『PHP』8月号

「こだわらない」けど 「あきらめない」

鎌田實さんのインタビューをまとめました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2010-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top